No.33 酔鯨酒造株式会社

酔鯨酒造は高知市長浜という桂浜の近くにある蔵元で、
その名前は幕末に土佐を治めた山内容堂(豊信)公の雅号「鯨海酔候」に由来しています。
三葉柏の家紋も山内家の使用許可を受けて商標として使用。

十五代土佐藩主、山内容堂は酒をこよなく愛し、自らを「鯨海酔候」と名乗り、
昨日は橋南に飲み
今日は橋北に酔う
酒あり飲むべし
吾、酔うべし
と謳ったほどの大酒飲みでした。

出荷量全体の約8割が純米吟醸酒と純米酒の酔鯨酒造では、「良い米には良い水が必要」との信念から、
高知県北部の工石山系の源流水毎日運搬して仕込水として使用しています。

太平洋の大海原を悠々と泳ぐ巨鯨のように、おおらかに飲み干して欲しいという想いを込めて、
土佐酒伝統の淡麗辛口に、新しい技と技術を加えて、力強く切れのある酒造りに取り組む蔵です。

世界で愉しむ日本酒へ

寿司や和食と共に日本の食文化は世界中に広がり、それらの和食と楽しむお酒として今やワールドワイドになった「日本酒」。
昨今の世界的なジャパンブームの流れで、日本酒は、今世界中の多くの都市で楽しまれるようになりました。
しかしながら、海外で日本酒を楽しめる場所は、レストランやホテルなどまだまだ特別な場所の特別なお酒という感じになっています。
そこで酔鯨では、世代を超え、もっと世界中のより多くの方に普段のライフスタイルの中で日本酒の楽しみ方を体感していただくために、「Enjoy SAKE Life」をテーマとしたイベントを積極的に展開しています。
この国内外で行っている酔鯨のコミュニティーイベント「酔鯨E.S.L会(Enjoy SAKE Life)」は、日本国内をはじめ、NY、パリ、ベルリンなど世界の数都市でも開催し、日本酒・酔鯨を通して日本酒好きの仲間が集まるコミュニティーを世界に広げていきたいと考えています。

当日は「酔鯨酒造株式会社」の以下の銘柄が飲み放題!一部銘柄は販売も致します。

商品名 特定名称区分等 容量 税込価格 当日販売
酔鯨 純米大吟醸 旭友 純米大吟醸 720ml 2,711円
酔鯨 純米吟醸 備前雄町 純米吟醸 720ml 2,052円
酔鯨 純米吟醸 高育54号 純米吟醸 720ml 1,620円
酔鯨 純米吟醸 吟麗生酒 純米吟醸 720ml 1,523円
酔鯨 純米酒 吟の夢60% 純米 720ml 1,458円

蔵元紹介一覧