No.21 千代の園酒造株式会社

酒が神事に欠かせないことから、古墳の多いところには必ず酒蔵があります。熊本県山鹿市も装飾古墳の郷と知られ、千代の園酒造もこの地に根を下ろし一世紀以上にわたり美酒の伝統を受け継いでいます。千代の園酒造の歴史は創業は明治29年(1896年)から始まります。

それまで米問屋を営んでいた本田喜久八が銘酒「清瀧」の醸造を始めましたが、米問屋だったという背景から米に対してこだわりも強く、「九州神力」という新しい米の品種を作り出し、酒造りに励んだほどでした。

戦前から既に多くの賞も受賞し、戦後普通酒全盛の昭和43年(1968年)には、全国の酒蔵にさきがけ純米酒造りにも着手しました。昭和60年以降だけでも受賞した賞は17に上り、平成27年度にはワイングラスでおいしい日本酒アワードで大吟醸千代の園(エクセル)が最高金賞を受賞しています。

熊本新品種酒米「華錦(はなにしき)」

熊本は酒造りに熱心な県としても有名です。1990年代半ば頃まで、全国新酒品評会に出品される吟醸酒に欠かせない熊本酵母(協会9号酵母)は熊本県酒造り研究所で野白金一先生によって分離されました。YK35(山田錦・熊本酵母35%精米)という言葉も鑑評会で金賞を受賞するための方程式として全国の酒蔵に広まっています。その後、薫り高いお酒を造る酵母が開発されましたが、その味と香りのバランスの良さ、食中酒としての日本酒の特性を活かす等の観点から、再び熊本酵母の良さが見直されています。

千代の園酒造では今回、熊本で開発された酒米「華錦」と熊本酵母、そして熊本の水(自家井戸)で熊本にこだわり純米吟醸を醸します。口当たりまろやかで含み香のある切れのいい酒質、そして飲んだ方の気持ちをホッとさせるようなお酒造りを目指しています。

当日は「千代の園酒造株式会社」の以下の銘柄が飲み放題!一部銘柄は販売も致します。

商品名 特定名称区分等 容量 税込価格 当日販売
大吟醸 千代の園 エクセル 大吟醸 720ml 3,780円
吟醸原酒 ロックがうまい 吟醸 720ml 1,339円
純米酒 くまモン 純米 720ml 1,080円
泰斗 純米吟醸 純米吟醸 720ml 1,603円
甘夏リキュール 初恋 リキュール 500ml 1,080円

蔵元紹介一覧