No.6 剣菱酒造株式会社

永正2年(1505)以前の創業以来、伊丹から灘へと醸造の舞台を移しながら、500年以上にわたり剣菱は造り続けられてきました。
原点は、江戸時代末期に書かれた「守貞謾稿」(のちの「近世風俗史」)のなかで剣菱の商標とともに記された「古今第一トス」の文字。
「昔も今もいちばん良い酒である」といわれた剣菱を「今」に受け継いでいることに、強い誇りと使命感を持っております。

神戸・灘は日本一の酒どころ

剣菱がある「神戸・東灘」は日本一の酒どころで、
「灘五郷(自然と共存する(多くの人々に心地よさや安らぎを与えてくれる貴重な 存在・場所)として
平成13年11月環境省の「かおり風景100選」認定)」の御影郷に位置します。

銘柄「剣菱」の由来

「剣菱」の由来には2つの説があると剣菱に付属する冊子には記されている。
天地陰陽和合の象徴という説。 上部は男性、下部は女性の象徴である。仕込用水の井戸替えをした際その其処から不動明王の御尊体が現れたことから
当時の醸主・坂上桐蔭が不動明王の右手に握られている、降魔の剣の刀身と鍔の形を模して酒標にしたという説があるそうです。

当日は「剣菱酒造株式会社」の以下の銘柄が飲み放題!一部銘柄は販売も致します。

商品名 特定名称区分等 容量 税込価格 当日販売
瑞穂黒松剣菱 純米 720ml 1,620円
極上黒松剣菱 1,800ml 3,240円
黒松剣菱 本醸造 180ml 345円

蔵元紹介一覧